当サイトについて

これから日商簿記検定2級の資格取得しようとする方、近い将来事務職に転職したい方に。3級と2級の違い、簿記検定2級の難易度(合格率)や勉強方法、失敗のないスクール・講座選びまで、分かりやすくガイドしています。

社会人に人気の資格「簿記」

簿記を学ぶと、企業の財務諸表(貸借対照 表、損益計算書、営業報告書、利益処分案等)が読めるようになります。つまり、財務諸表(決算報告書)の数字を見て、すぐに企業の経営状況が把握できるようになるということです。

企業は利益をあげなくてはいけません。
直接経営に携わっていない人も、社会人ならすべての人が、企業の利益のために、頭で数字を追いかけながら仕事をするべきなのです。
そのためには、「簿記」の知識が必要です。

商業高校や大学の経営学部や商学部、ビジネススクールなどで学んだ方は、簿記の勉強をしていますが、それ以外の人は簿記の知識が全くありません。
社会人になってから、簿記スクールに通学したり、通信教育で、簿記の勉強をする人がとても多いです。

簿記は、通信教育の人気ランキングで、常に上位5位以内に入っていますし、日商簿記検定受験者は、毎年6万人前後と、非常に多くの方が受験しています。

仕事をする上で、多くの方が簿記知識の必要性を感じているのです。


資格取得は「日商簿記2級」がおすすめ

簿記検定には、「日商簿記」「全商簿記」「全経簿記」の3種類があります。

その中でも、日本商工 会議所主催の「日商簿記」は最も知名度の高い資格です。世間での評価も最も高いです。世間では、「簿記検定」といったら普通、「日商簿記」のことを指します。

日商簿記検定に受験資格はなく、誰でも受験することができます。
また、日商簿記検定試験は、1級から4級までありますが、2級を取得することをおすすめします。

なぜなら、経 理事務を募集する際の条件として、「簿記2級程度の知識があること」を求めている企業が多いからです。

日商簿記2級の資格があれば、就職に有利になりますが、3級は、履歴書に書いてもあまり優遇されません。実際に会社で経理の仕事をするには、日商簿記3級の知識だけでは足りません。

また、経理の仕事に携わらない人でも、企業の財務諸表を読めるようになるためには、日商簿記2級の知識が必要です。


逆に、「日商簿記1級」までの知識は必要ありません。

日商簿記1級は、2級に比べて、難易度が非常に高くなります。受験者数は毎年2万人弱、合格率は9%前後です。日商簿記1級は簿記の勉強に加えて、会計学、企業会計に関する法規についても学習しなくてはいけませんので、学習内容も非常にボリュームがあります。

日商簿記1級合格者は、税理士試験の受験資格が得られるので、税理士を目指す方が、この日商簿記1級を受験する場合が多いです。

企業で経理の仕事に就いたり、財務諸表(決算報告書)を読めるようになるためには、日商簿記2級で十分です。

企業は、日商簿記1級所持者よりも、2級所持・有実務経験者を優先して採用します。難しい1級の資格にこだわるより、2級を取得し、実務経験を増やした方が得策です。


簿記の専門学校でしっかり学ぼう!

簿記2級の資格を取るための最短の道は、簿記スクールに通学して勉強することです。

簿記の用語は独特で、 日常では使わないので、初心者にとっては理解するのが非常に困難。つまり独学では厳しいです。

すでに経理の仕事に就いている方や商業高校などで簿記について多少なりとも勉強した人は、通信教育や独学でも取得可能ですが、それ以外の簿記初心者は、簿記スクールに通学して、日商簿記2級資格取得を目指すことをおすすめします。

簿記の勉強は、多少理解できないことがあっても、どんどん学習を先に進めると、後になってから「ああ、こういうことだったのか。」と気づくことが多いです。経験上、通信教育だと、自分のペースで学習できることが返ってネックになり、理解できるまで先に進めなくなる可能性が高いです。

通信教育に比べて、通学は掛かる料金が高いですが、確実に取得したいなら、やはりスクールでの通学コースがおすすめです。

簿記スクールでは、様々なコースを設けており、社会人が働きながらでも資格を取得できるよう、受講時間が工夫されています。


また、簿記2級を取るにしても、簿記初心者は、まず3級の勉強から始めます。

最近は、3級、2級を勉強し、一気に 2級の資格を取るコースが人気を集めていて、どの学校にも3級・2級同時取得コースがあります。このコースが一番割安で、3級・2級と段階を踏んで取るよりも資格取得までの期間が短くて済みます。

掛かる費用は、スクールや講座内容によりますが、おおよそ60,000円から100,000円位が目安です。


まずは情報収集。資料請求は無料です


簿記といったらやっぱり大原!資料請求は無料です(左上) 管理人自身が卒業したスクールになるのですが、結論、簿記・経理に強いおすすめ学校といえばやはり「資格の大原」です。

老舗なだけに、他の学校と比べて合格率は断トツ高く、講師全員が日商簿記検定1級以上の試験に合格してるので、自分自身の経験に基づき実践的なアドバイスを送ってくれます。

資料請求は無料ですので、まずは幾つか取寄せてみて情報収集。詳しいカリキュラムや合格率等をチェックし、自分にやれそうか?判断されてみると良いでしょう。

 「資格の大原」の詳細・資料請求はこちら(左上)
 他の簿記学校一覧はこちら(無料)
どうしても時間的に余裕のない方なら、「ユーキャン」「資格の学校 TAC」の通信教育がおすすめです。こちらも資料は無料です。